べくない

『やかんなめ』と『筍』に登場。

『やかんなめ』という噺には、武士が登場する。
この武士がさかんに「べくない」と呼びかける。
「べくない」って何?
まあ、関係からなんとなく武士の部下のような存在であることはわかる。

ネットで調べたら以下のとおり。

〔書簡文で「可」の字は必ず上に置かれ、下には置かれなかったことから、「可」でない、つまり決して上には置かれない、の意を人名らしくした語〕江戸時代、武家の下男の通称。べく助。

ということで終わってもいいのだが、もうひとつ。
『筍』という噺にも登場する。

<上方落語メモ>というサイトには、口演の速記と登場人物一覧があり、それによると、「可内(べくない)」とあり、上記の説明のとおりであることがわかる。
ただし、「可(べく)」はいいとして「ない」はなぜに「内」か?
このサイトにはプロパティと称する解説がつき、そこに説明があった。

「芝居では奴の名前に~内と付けるのが型になっているという。『蛸芝居』でも定吉が定内、亀吉が亀内と名乗る(桂米朝談)。」

ところで「奴(やっこ)」とは?
奴(やっこ)とは、江戸時代の武家の下僕のことだそうである。
芸者などが「○○奴」と名乗るのは、一種のシャレであったらしい。

疑問はつきない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック